ページ閲覧数

2017/05/21

第4回 日本臨床作業療法学会 学術大会  - 思う×行動 -

ぬるぬるした手汗だった.疲労と二日酔いと慣れない環境のためか.
反射的に手すりを強く握った.
いや違う,動いていない.向こう側の電車だ.

運動知覚のひとつである誘導運動は,
対象間で「取り囲むもの」と「取り囲まれるもの」の関係が成立するとき,
後者の知覚的空間枠組となり,後者の運動が知覚される. 


2017年5月,日本臨床作業療法学会の学術大会に参加するため,仙台で3日間を過ごした.
大会長の齋藤さんはメッセージを送った.
揺るがない意志を自分の中に見つけて育み,
意志に従って行動することで自分が求めている人と繋がることができる.

意味を理解できるのは,行動を起こした経験のある者だけであろう.
結婚や育児,身近な者との死別と似ている.
経験しなければいつまでも理解できないし,経験したらすぐに理解できる.
理解できたら,解釈は変わり続けるかもしれないが忘れることはできない.


何かを変えることができたと実感できた人は,
自分の可能性に期待できる.
変えることができたという記憶と,
またできるはずだという想像力は行動力を高める.

全てを変える必要はない.完璧である必要もない.
小さい経験でも構わない.ペースも個々人で進めればいい.
小さくてもゆっくりでも変えることができた人は,特別な視点を手に入れる.
他人の言葉の中に含まれるストレスや有能感を感じ取る.

学会発表のように目標へ到るまでのプロセスが明確で,
行動の結果がすぐにわかるような状況で説明されると,
自分の経験を重ねるように考え方や方法を学習していく.

こうして成長した会員は点で,大きくなった点が集まれば組織である線も太くなる.
学会の目標は作業を大切にした実践を確かなものにすることであり,
理事も含めた会員の目的はより質の高い臨床実践や研究を究めることにある.
学会の目標と会員の目的に接点がある限り,互いに好影響を与え合うだろう.

そんなことを考えながら,演題発表をできるだけ多く聴いて回った.
行動する者たちに取り囲まれた会員は,
勇気と知恵を振り絞った行動や成果を見える化していた.
まるで自分も何かを成し遂げたような感覚になった.

でも違う,わかっている.動いたのは自分じゃない.
まだ動ける,もっと前進できる.自分の意志に従い,行動しよう.
自分に抱く期待値を超えて進め,自分.


2017/01/15

未来の記憶

くどき上手、飛露喜、伯楽星、日高見、
墨迺江、ギロチンビール、タンカレー10、
ブラック・パッション、くどき上手。

息子が誕生する前の日にブログを始めた。
今年で10年になる。
読まれることがイヤというよりこわくて、
広がらない工夫をしていた。
作業療法という単語を使わず、
ブログ名や記事タイトルを頻繁に変えたり、
リンクを誰とも共有しなかった。
誰かとつながりたかったのに、
つながりたい人が誰なのか、わからなかった。

ひとりじゃないよ、
君はひとりじゃない、ボクはここにいる。
と伝えたい誰かがいることは感じていた。
言葉では伝えられないことを、
言葉にしなければいけないと思い込んできた。
心が泣いたり、笑ったりする仕事の経験を、
共有したい人に会える気がしていた。



昨日、2017114日は仙台で、
齋藤佑樹さんと共に講演をした。
5月20日、21日に開催される、
4回日本臨床作業療法学術大会の企画だった。
参加者を集めるためというよりは、
東北のつながりを強くするためだった。

壇上に立つ者がどう映るのかは知らない。
ボクには参加者81名のことが見えていた。
ひとりひとりの瞳を覗き込み、
どんな言葉に反応するのか確認していた。
臨床の情熱が静かに強く伝わってきた。

もがき苦しみ、挫折感に打ちのめされ、
うらみ、くやみ、泣いて、
それでも自分の可能性に期待し、
仲間を誇り、理想を追いかけている。

ひとりじゃないんだよ。
君がつながりたい人は、
君とつながりたい人は、
いまここにいる。
隣の席に、前の席に、後ろの席に、
同じ理想を求める仲間がいる。
ボクもいる。
良いか、正しいかはわからないけれど、
君の信じたことは、ボクも好きなんだ。
これから力を合わせて確かなものにしよう。
大切なことのために小さい行動を起こそう。
新しい当たり前を共に創ろう。
いつかこの日がくるのは気がついていた。


伝わったかな。


生まれて初めて見た深い夜の雪は美しくて、
魂がぶるぶるとふるえた。
はらはらと静かに舞い降りる雪を眺めて、
何かを与えてもらっているように感じていた。
この日の雪と出逢った人たちを、
きっとボクは生きている限り忘れない。

酔って落とした記憶は5月に拾い集めるよ。

2017/01/13

第15回沖縄県作業療法学会の誓い

20年前に沖縄で作業療法士の専門学校が創立され、はじめの頃の卒業生たちが今の沖縄の病院、施設の管理職になっている。彼らは教員から未来を創ることを期待されていたが、先輩も上司もいない状況だった。臨床の苦悩や葛藤を抱きながら、作業療法士会という組織の発展に力を注いできた。教員と卒業生たちが築き上げた土台があったので、私たちは先輩たちよりも自由に広く学びに専念することができた。二つ目の専門学校を作業療法士が創立したことで、沖縄の作業療法士は倍増して学びを分かち合える仲間が増えた。先輩たちが10年かけたことを私たちは5年で、後輩たちは2年で、できるようになれば費やしてきた情熱も報われる。考える時間が増えれば、新しい発見や近道探しのために情熱を注げる。作業療法の世界をより楽しく、より広く、より深く。次の世代が、さらに次の世代を育めるように、今の世代が新しい道をひらく。人と人のつながりを強く意識する沖縄の血に従い、すべての仲間とひとつながりにする。経験を積み重ねた今しかできないことで、絆が強くパワフルな40代、30代たちが今できなければ、今後も誰にもできないだろう。壁を壊し、道を作り、種を蒔くのは今しかない。若手を中心に大先輩から学生で成る40人で、最高のチームを作りました。沖縄にしかできないことを、今しかできないことを、みんなでひとつになって挑戦する。新しい当たり前を、共に創ろう。私たちの未来はあなたの手と意志の中に。

平成29624日・25

バトンタッチ
上江洲

2016/11/15

クライエントと職場とOBP ④

リリース前にADOCの学会発表をしたのは、
6年前の仙台だった。
誰も来ないかもしれないと覚悟していた。
はじめに来てくれたのは,
メールでやり取りしていた
齋藤さんの部下だった.
嬉しかった.

先人たちが積み上げた理論に基づく実践、
思い切った実践によって紡いできた人脈、
人脈でつながった人々からの承認。
失うのは悲しく、怖い。
でもそれ以上に、
まだ会っていない人に逢いたかった。

自身の孤立よりもクライエントの自立を、
感傷よりも真実を、
しがらみよりも自由を、
リスクよりも利益を選択できる人に逢いたかった。
そう思えるまでに、
あまりに迷走し過ぎた。
だから、近道を伝えたかった。

悲しいのは理解されないこと。
悲しいのは認められなかったことではない。
悲しいのは自分が適応できないこと。
自分をあきらめること。

怖いのは終わりが見えないこと。
怖いのは思い通りにいかないことではない。
怖いのはクライエントとの約束を、
守れないこと。
自分を信じれないこと。

たったひとりの事例で変わる、
もう元には戻れないほどに。
この経験は共有するだけの価値がある。

嬉しいのは認められたことよりも、
伝わったとわかること。
嬉しいのは自分は変われると、
自分に期待し続けられること。
終わりが見えなくても怖くない。
思い通りにいかなくても悲しくない。
自分を信じれる。

たったひとりの事例でわかる、
ひとりではなく共に進む仲間がいる。
あらゆる職種で職場に、地域にも、全国にも。
この経験は新しい価値観を伝播する。


テーマ:クライエントと職場とOBP
日 時:平成29年1月14日(土)10:00〜15:00(9:00受付開始)
会 場:仙台青葉学院短期大学長町キャンパス
講 師:上江洲聖(日赤安謝福祉複合施設)
    齋藤佑樹(日本保健医療大学)
参加費:無料(先着100名)
主 催:日本臨床作業療法学会 第4回学術大会
その他:日本作業療法士協会 生涯教育基礎研修に該当します(1ポイント)